メゾン・シンビーオ(在宅就労の豆知識部屋)

スクリーンリーダーの種類
2023年07月24日(月) |

本記事では前回ご紹介したスクリーンリーダーについて、その種類をご紹介します。

スクリーンリーダーには有料のものと無料のものがあり、パソコンだけでなくスマートフォンに搭載されているものもあります。

※私が存じているまたは調べられた範囲内のものであり、種類が他にもあります。予めご了承ください。

有料ソフトについて

有料のスクリーンリーダーは3種類あります。

PC-Talker

専用のソフトウェアも多く存在する、国内ではユーザーが多いスクリーンリーダーです。

JAWS for Windows

これ一つで様々なアプリケーションソフトに対応しているスクリーンリーダーです。

FocusTalk

テキストやリンク、画像代替テキストの読み上げ、ニュース本文へのジャンプや検索機能、文字フォント情報の読み上げやFlashサイトの読み上げなどに特に力を入れているスクリーンリーダーです。

無料ソフトウェアについて

無料のスクリーンリーダーは5種類あります。

MM-Talker2 Ver.1

NVDA日本語版  

 ダウンロードはこちら

無料でありながら高機能なスクリーンリーダーで、ウェブからのインストールができます。

ナレーター

Windows標準搭載のスクリーンリーダーです。

ボイスオーバー

iPhone/iPad標準搭載のスクリーンリーダーです。

TalkBack

Android標準搭載のスクリーンリーダーです。

本記事でのご紹介は以上です。先に述べたとおり、今回ご紹介したスクリーンリーダーはあくまで私の知識の範囲内であり、他にもスマートフォンにインストールするソフトやパソコンに導入するものもあります。

今回はスクリーンリーダーの種類についてご紹介しました。次回は紙媒体などに書かれている文字を読む読み上げアプリについてご紹介したいと思います。