障がいのある方にとって
働きやすい会社にするための支援

- 就業定着支援 -

シンビーオでは職場定着支援として2つのソリューションを提供し、 障がい者(特に精神障がい者)離職の三大理由それぞれにアプローチします。
さらに、人事ご担当者様のサポート役として 障がい者を雇用している職場マネジメントを支援いたします。

障がい者雇用の現状

障がい者雇用のうち、とくに精神障がい者の就業定着にはまだまだ多くの課題があり、 就業定着は十分に進んでおりません。

一般企業への就職後の定着期間
就業者の約4割は3ヶ月未満で離職しており 3年以上就業しているのは2割に満たない。
精神障がい者離職三大理由
精神障がい者離職の原因は大きく「体調不良」 「人間関係」「仕事がきつい」の3つに集約される。
  • 「体調不良」・・・症状が悪化し、就業が困難になり辞めてしまう
  • 「人間関係」・・・職場の同僚たちとどのように接すればよいのかが分からずに辞めてしまう
  • 「仕事がきつい」・・・与えられた仕事ができなく、悩んだ結果、精神的に追い込まれ辞めてしまう

精神障がいの種類

精神障がいと位置づけられるものは、種類も症状も豊富です。

発達障害

発達障害は先天的な障害ため、通常の生活の中ではうまくいかないことがあります。
ですが、その特性を本人や企業・サポートする人たちがよく理解し、その人にあったやり方 を指導することで、その人の持っている本来の力がしっかり生かされるようになります。

自閉症、アスペルガー症候群、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害、チック障害

うつ病統合失調症

日本では、100人に3~7人という割合でこれまでにうつ病を経験した人がいるという調査結果があります。
統合失調症は進学・就職・独立・結婚などの人生の進路における変化が、発症の契機となることが多いようです。
双方とも後発的な障害であり、今まで健常者として生活・職場勤務していた人が発症します。
うつは、抗うつ薬療法、認知行動療法、対人関係療法などで治療を行うことで回復が期待できる障害です。
統合失調症は、新しい薬の開発と心理社会的ケアで初発患者のほぼ半数は、完全かつ長期的な回復を期待できる ようになりました。
こころの問題が起因となっている場合が多いため、定期的なヒヤリングや適切なケアを行うことで健常者と 変わらないレベルで仕事を任せられることが多くなっています。

働くことが“辛いこと”にならないように
シンビーオがサポートします!
企業ご担当者様のサポート役として以下の方法で支援いたします。

定期的な職場訪問/本人面談

定期的な職場訪問
職場のご担当者様に代わり、障がいがある方に対して定期面談 (月に一回以上)を行います。
ご本人様、またご家族様に対してはケア・アドバイス、ご担当者様 にはフィードバックを行います。
また、ご担当者様に対しても、定期的に問題点をお伺いし、 双方が良い関係を築いていけるよう調整をいたします。

「コンケア」を利用した就業フォロー

コンケアを利用した就業フォロー
「コンケア」とは メンタルヘルスやEAPの分野では老舗の「東京メンタルヘルス 株式会社」の提供するメンタル管理システム。
このコンケアを利用し、毎日の出退勤に合わせ気分の変化を監視、 その状況に合わせ、心身のフォローアップをさせて頂く仕組みです。
ご利用者さまが、毎日安定的に出勤できていない場合や、気分の落ち込みが続いていたり、気分が不安定になっていたりするのであれば、『○○さん、今体調はいかがですか?』 といった対応により、不安・不満の解消に努め、症状が悪化せず、再発させないよう取組みます。
コンケアのコンディショングラフ

コンディショングラフ(最近昇進した社員のケース)

お問合せご相談はこちらから

  • お電話はこちら
  • お電話でも
    承ります
  • 03-6912-2025